ギター 実話

【悲報】ギターでモテたけどヤンキーにボコボコにされた話【完全実話】

ギター

ぶっちゃけギターって弾けてもモテるの?

こんな疑問を持つ方、いると思います。

僕の実体験から言わせてもらいます。

しげき
ギターが弾けるとぶっちゃけモテます。

ギターを弾けない人に比べると確実にモテ要素は強くなります。
要因としては下記が考えられますね。

ギターを弾けてモテる理由

  • 自分に自信がつく
  • 単純に世間的にギターが弾ける=カッコいい
    (ギターが「フィルター」をかけてくれる笑)
  • 音楽活動によりコミュニケーションスキルが上がる
  • 音楽活動により出会いが広がる

ただし、モテたが故にそれが必ずしもそれがいい方向にいくとは限りません。当記事では、管理人が高校生の時に体験した「ギターを弾けてモテた結果ヤンキーにボコボコにされた話」を紹介します。

別にモテたという事実に対して「どやぁ!」としたいのではありません。当記事は、これからギターを始めてモテたい!という人への注意喚起です。世の中には僕たちの想定を超えた変な思考回路の人種がいるんだということを知ってほしいのです。

それではいきましょう。これは、本当にあったお話です...。

管理人について

ギター

この話は管理人が高校生の時の話です。どうでもいいかもしれませんが、念のため管理人についてほんの少し書いておきます。

管理人について

  • ギター歴13年。ギタリストオーディション、TV出演経験有。
  • 百聞は一見に如かず⇒管理人演奏動画

いやいや本当にギター弾けるの?

という人は上記リンクから僕のYoutube演奏動画を見てみて下さい。
簡潔に言うと、高校生の時の僕は速弾き大好きギターキッズでした。(笑)

どうモテたのか

状況を簡単に説明します。

この話の流れ

  • 当時僕は高校生。
  • 学園祭のステージでギターを弾き倒していた。
  • バンドメンバーの友人がお客さんとして他校の女友達を呼んでいた。
  • ライブ後に友人経由でその女友達(通称:A子)から是非会いたいと連絡有。
  • とりあえず会うことになる。

だいたいこんな流れです。

は?自慢かクソが

と言うのは待って下さい。(笑)
この後、だんだんと雲行きが怪しくなるんですよ。。。

A子との対面

オフィス

バンドメンバーの友人経由で連絡を受けた僕は、後日とりあえずA子に会ってみることにしました。

まず言っておきますが、僕はけっこう警戒心が強く、「この人は信用できるな」と判断しない限りなかなか距離を縮めたり本心を話したりしない人間です。相手がこちらに好意を持っていたとしても同様です。

A子とは学校の放課後、お互いの高校の近くの公園で会うことになりました。A子の第一印象はよくいるお洒落な女子高生、といった感じでした。

話した内容はこんな感じ。

話した内容

  • 歳は自分と同じ
  • 学園祭のギターが強烈だった
  • いまの彼氏と別れたいがなかなか別れてくれない
  • 彼氏の愚痴
  • これからもタイミングが合えば会ってほしい

要は「いまの彼氏とはもう別れる予定だから、私どう?」といったニュアンスのアプローチをされた訳です。

もう彼氏の件で爆弾臭がプンプンしました。(笑)こちらとしては「いや一応彼氏おるのに何しとんねん。あと彼氏の愚痴とか知らんがな(笑)」という感じです。

この日は1時間くらい会話をして終わりました。

一応バンドメンバーの友達ということもあり邪険に扱うことも出来ず、彼氏には悪いけどまあ別れる予定と言ってるからいいか・・・と深く考えず連絡先を交換します。あくまで「知り合い・友達」として接していこう、と僕は決めます。

今思えば、このとき僕は今後一切の連絡を取ることを辞めておくべきでした。勘のいい人は今後の展開は想像つくかもしれませんね。そう、このA子の彼氏こそが問題のヤンキー男だったのです。

A子とのその後

スマホ

A子からはそれ以降たまに連絡が来たりしました。

A子との接し方・距離感に困っていた僕は「まずは彼氏との関係を整理した方がいいんじゃない?」と投げかけます。

後日、A子から彼氏とは別れたという旨の連絡が来ました。

彼氏と別れたならまあ会っても後ろめたさは無いかな、とその後2回くらい放課後に会って話をしました。
・・・以上、それだけです。

いやいや、そのあと手を出したんじゃ無いの?

と思う方がいるかもしれませんが、食事はおろか2人で出掛けてもないし、会って話した以上のことは特に無いです。

しかし結果それがよかったのです。もしA子に手を出していたら、この後の展開で僕は死んでいたかもしれないのです(笑)

ヤンキーとの対面

不良集団

ある日の夜、僕はA子を学祭に呼んだバンドメンバーの友人に「一緒にコンビニに行こう」と誘われます。

何も疑いもなく僕はコンビニについていくと、コンビニには7~8人のヤンキーがたむろしていました。

「何でこんなにヤンキーがいるんだ?」と思いながら店内に入ろうとすると、ヤンキーの中の1人が僕に詰め寄り話しかけてきました。

ヤンキー「おう、お前か・・・」

僕「・・・?」
明らかに僕に話しかけてきています。男は背が小さく角刈りで、耳にピアスをつけて僕を見上げています。
僕はこんなヤンキーに会ったことも無ければ知り合いもいません。

「どちら様ですか?」と言うと、隣にいた友人がこのヤンキーと会話を始めたのです。

友人「○○さん、連れてきました。。。」
ヤンキー「おう」

そう、友人はこのヤンキーに頼まれて僕を連れてきたのです。いやこいつおれを売ったのか?とショックを受ける間も無くヤンキーが続けます。
「A子のことで話したいことがあるんやけどええか??」

A子の名前が出たので、このヤンキーはA子の別れた元カレであることが分かりました。
A子は「彼氏と別れた」と言っていたためこれもしかして別れた腹いせなのでは・・・?と感じました。が、まさにその通りでした。(笑)

すると元カレの取り巻きの中の1人のヤンキーが言います。「まあとりあえずお前ら車に乗れや。ドライブ行くぞ」

僕と友人は強引に車に乗せられました。その後、このヤンキー達の車は3台で列を作り、行先も分からず出発しました。

この時「あ、これ本気でヤバいかもしれん。。。」と思ったのを覚えています。(笑)

クソみたいな理由

喧嘩

車は15分程度走り、とある海岸に到着しました。

車内で話を聞く限り、どうもこの元カレは取り巻きのヤンキー達のボスのようで、A子は「ボスの女」として有名だったみたいです。(早く言え笑)

車を降ろされた僕はヤンキー達に囲まれます。やはりターゲットは僕のようです。友人は近くでそれを見ています。(いや助け呼んで笑)

元カレの言い分はこうです。「お前のせいでA子と別れたじゃねーか!しかもA子を問い詰めたらお前と2人で会ったって聞いたぞ!許さん!」

A子から会いたいと言われ、その上こいつの愚痴を散々聞かされていた僕は全力でこう思いました。「知!!!る!!!か!!!!!!!!!!!」
元々別れた原因はこいつらの性格の不一致です。呆れてもはや笑えてきますよね(笑)

そしてどうやらこの元カレ、別れた原因は「僕がA子を奪った」というストーリーに一方的に捻じ曲げたいがために友人を使ってまでわざわざ僕を呼び出したようです。(笑)それを僕に認めるよう言ってきました。(何のこっちゃ笑)

A子の話だと、この元カレは僕の5歳年上の20代前半。いい大人が5歳年下の高校生を大人数でリンチしようとしているんですよ。

目の前にある理不尽と怒りで「お前らの中学生以下の痴話喧嘩に人を巻き込むな!!!!」と言ってやりたかったのですが、下手に刺激したりこちらが非を認めた瞬間にリンチが始まってしまうと思い僕は「意味が分かりません!(本音)」と繰り返すしかありませんでした(泣)

そのまましばらく膠着状態が続くと、今度は元カレが車から木刀を取り出して「それでかかってこい!」と言ってきました。
思考回路が追い付かない僕は、やっぱり「意味が分かりません!(本音2回目)」と繰り返すばかりです(泣)

おそらく僕から攻撃を始めさせて、後からそれを理由に反撃した、と言えるからなんでしょうね。どこまでもクソみたいな男です。(笑)実際こちら側に非が見つからないからなかなか攻撃出来なかったのかもしれません。

 ・
 ・
 ・
 ・

僕の記憶はここまでです。一部始終を見ていた友人によると、僕はその後痺れを切らせた取り巻きのヤンキー達に顔面を何発か殴られ、失神したそうです。(いや友人よ・・・笑)

生還

負傷

目が覚めると僕は車の中で横になっていました。起き上がると車には元カレ、友人、いつの間にかA子がいました。ヤンキー集団はまさか僕が失神すると思わなかったようで、とりあえず車で安静にさせていたようです。(笑)

僕は記憶を遡ろうとしますが、何が起きたのか全く覚えていません。口の中は血の味がして、舌で歯を触ると歯が2本くらい欠けていました。殴られて気絶していたんだな、という状況を把握したところで元カレがA子に話し始めます。

元カレ「A子、やっぱりこいつ(僕)はお前をそそのかして騙そうとしていたんだぞ。シメてやっといたからな。」
A子「え!?そうなの!?私を騙そうとしてたの!?ねえほんと!?」

・・・どうも元カレはヨリを戻すために無理やり僕と友人を悪役に仕立て上げ、正義のヒーローを気取りたかったみたいです。
いや「嘘でしょ!?」ってお前からこっちに声掛けてきたんだろうが・・・(笑)

僕は朦朧とする意識の中でもうこいつらの茶番に吐き気がして反論はおろか声を出す気力すらありませんでした。(笑)
いい歳して一体どこまで歪んだ恋愛感なんでしょうか。本当にこのへんは疲れとどうでもよさで曖昧にしか覚えていません(笑)
もし僕がA子に手を出していたらこのキチ〇イ彼氏に本当に殺されていたかもしれませんね(笑)

その後、僕と友人はコンビニ付近の道端で車を降ろされて解放されました。
この一件後、この友人とはもうバンドを組んでません(笑)

後日談その1

僕はこの1件を警察に相談しようかと思いましたが、

・あのキチ〇イ達にこれ以上自分の時間を奪われたくない
・思考回路が全く読めない人種のためまたいつお礼参りをされるか分からない

という理由から相談してません。

ちなみに大人になった今であれば速攻通報します。(笑)
全力で社会的に生きていけなくしてやると思います。(笑)

後日談その2

実はこの一件後に、1回だけ元カレに会いました。

工事現場の土方の作業員をしており、通りかかった僕の顔を確認するなり馴れ馴れしく
「おう!もう変なことしてないか!?」と話しかけてきました。

ん?自分で作り上げたストーリーで記憶が塗り替えられてるのかな??
もう変なことしてないか?ってお前がな!!!!!!(笑)

【まとめ】ギターでモテても注意が必要(笑)

コンパス

ここまで、僕が体験した「ギターでモテたけどヤンキーにボコボコにされた話」について紹介してきました。

もう僕本人は笑い話のネタにしてるので、胸クソ話としては捉えないで下さいね(笑)

全てのことで言えますが、想定外のことで異性にアプローチされても注意した方がいいかもしれませんね。(笑)

これからギターを始める皆さんも、くれぐれも注意してください!(笑)
(まずこんなこと起きないと思いますが笑)

当ブログではギターについての情報を更新しています。初心者向けの記事も多数です!是非他の記事もご覧ください。

他のギター投稿を見る



-ギター, 実話

© 2020 しげき的なブログ